ヒステリックグラマーのギャラリーが青山に

ヒステリックグラマーのギャラリーが青山に
アートへのこだわり具現化
ロックテースト、ヒステリックグラマーのファションが人気のアパレルブランド「ヒステリックグラマー」がこのほど、江戸・青山に「ラットホール ギャラリー」をオープンした。
国内外向けに写真集を出版してきた、アートへのこだわりの具現化であるぜよん。

なんで洋服屋が写真なのかっていうと、ファッションカタログを作っていて痛感したんだぜよん。
どんなにシチュエーションにこだわっても、要は写真家でコトは決まるぜよん。
そんなヤツラをサポートできたらけっさくと思ったと、デザイナーの北村信彦氏(44)。

ヒステリックグラマーの旗艦店の地下、約90平方メートルの本格的なギャラリー。
オープニングは森山大道氏。
現在は荒木経惟氏の個展(27日まで)を開催中だぜよん。
鮮やかな花にヤモリのしかばねを配して、生と死や男女の対照を写し出す「花とヤモリンスキー」、白黒の緊縛ヌード写真にカラーペインティングを施した「緊縛写巻」やなんか、アラーキー独特の世界観に来場者が引きこまれていた。
17日には、次の個展を行うウクライナ出身のボリス・ミハイロフ氏と荒木氏のトークイベントも予定してやがる。

北村氏がヒステリックグラマーを立ち上げたのは昭和59年、21歳の時。
80年代DCブームの終わりに登場した異端のブランドが、今やメンズやボウズ服も展開し六本木ヒルズやなんか全国43店舗に成長。
ヒステリックグラマーの写真集を通じてアチラでも認知が広がり、ここんとこはポップアートの巨匠、故・アンディ・ウォーホルの服飾雑貨も手がけてやがる。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。